血管 血管を強くする 血管年齢

MENU

血管を強くする方法

最近は40代、50代の方でも脳梗塞や心筋梗塞、脳出血などに襲われる方が多くなってきているといわれています。そして日本人の亡くなる原因の実に30%が、脳血管の疾患や心筋梗塞などの血管の病気によるものであるとする調査結果もあります。

 

以前、それらの病気は老化とともに血管がもろくなって起こるものとされてきました。
しかし、日本人の食生活の欧米化が進んだり、運動不足になったりして、血管の老化が早まる傾向にあるからだと考えられています。

 

血管の老化は、まず血管を狭くする動脈硬化からはじまり、高血圧・糖尿病と静かに(サイレントキラー)進行して、あるとき突然に脳梗塞や心筋梗塞、脳出血を発症します。

 

そうならないためにも「血管を強くする」こと、「強い血管を作る」ことがとても大切です。

 

その「血管を強くする」ということは、詰まらないで血液の流れがスムーズであり、血圧が適正に維持されている血管、もし強い圧力がかかったとしても破れない・切れない血管にするということです。

 

それは血管は固くなるほどもろくて弱くなるので、いわゆる頑丈な血管を作るということではなくて、しなやかで柔軟性のある血管を作るということになります。

 

「強い血管を作る」は、単に病気にならないようにするだけではなくて、結果的に体を若々しく保つことにつながりイキイキと健康寿命をのばすことにもなるのです。

 

血管を強くすることはいつからでも始められます。いつからはじめても遅いということはありません。ご自分が気づいた時がはじめ時です。


血管を強くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク