血管 血管を強くする 血管年齢

MENU

血管と高血圧

高血圧だから血管を傷めるのか、血管が傷んだから(血管の老化など)高血圧になるのか、どちらが先なのか?

 

一応、血管が老化していき、動脈がすこしづつ細くなっていって動脈硬化となり、高血圧へ進行していくという順番が症状です。

 

しかし塩分のとり過ぎや、ストレス・肥満などの影響で先に高血圧になることで、血管に負担をかけてしまう場合も考えられますよね。高血圧になるから血管を傷め、血管を傷めるからさらに高血圧になるという、悪循環のパターンがイメージできます。

 

どちらにしてもよくないんです。

 

そして高血圧は血管を原因とする症状の途中の段階であることを忘れてはなりません。高血圧であること自体も体によくありませんが、その先には、「血管が詰まる」「血管が切れる」ことによる、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの重篤な症状が待ち構えているからです。

 

その先を考えて、高血圧になる原因をなくして血圧を下げ、正常な血圧を維持して極力血管を傷めないで生活することが大切です。血管を強くするというよりも、血管が弱くなるのを予防するということになります。

血管を強くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク