脳血管 血管 血管を強くする 血管年齢

MENU

脳血管を強くする方法

脳血管と、他の体の部分の血管と違うのは、脳血管のトラブルが生命に直結する危険を抱えることになるからではないでしょうか。

 

それは脳溢血、脳梗塞、くも膜下出血などの脳出血です。

 

脳の血管が狭くなったり弾力性をなくなってくる状態は他の部分の血管と経過は同じですが、さらに進行して実際に血管がつまったり、破れたりした場合のダメージは計り知れません。しかも急にやってきます・・・

 

■ 脳溢血
脳内動脈の血管壁が高血圧で圧力を受け、その結果脳血管がもろくなって破れることで起こります。
■ 脳梗塞
血液がドロドロになって脳血管が詰まることで起こります。
■ くも膜下出血
脳膜のくも膜と軟膜との間にある動脈が破れて起こります。

 

脳血管を強くする考え方としては、普通に考えている血管を強くする方法はまず共通のものとして考慮します。そしてさらに脳血管の場合は「毛細血管を強くする」という考えも持つ必要があるようです。

 

「毛細血管を強くする」ものとして、最近フラボノイド化合物の一種であるルチンが注目されています。

血管を強くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク