血管 血管を強くする 血管年齢

MENU

血管の老化

年齢を重ねていくと、視力が衰えたり、足腰が弱くなったり、筋力が衰えたり、内臓にも疾患を抱えたりと体は老化してきます。当然血管も老化してきます。

 

血管の老化から逃れることはできませんが、ですが血管を若返らせることができるんです。
まず血管が老化してゆく過程から見ていきます。

 

血管の老化の過程:
1.正常な血管
血管はしなやかで、血液がスムーズに流れています。

 

2.プラークが貯まる
長年の間、血管の中を血液が通るうちに、血管壁にいろいろなもの(プラーク・沈着物質)がこびりつく。

 

高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病であったり、それらの疾患に近い状態だとこの状態はさらに進行やすくなります。

 

3.プラークが大きくなる
プラークが大きくなり、血管の中の血液が流れるべきスペース(内腔)が狭くなります。
その結果、血液が流れにくくなり、血管自体も弾力性をなくしてきます。これが動脈硬化の状態です。

 

4.あちこちで動脈硬化
体のあちらこちらの血管が動脈硬化になっている状態です。
ある日、血流の勢いでプラークなどがはがれると、それが「血栓」となり細い血管を詰まらせてしまいます。最終的には血流がストップして、脳梗塞や心筋梗塞などが起こることになります。

血管を強くする方法の情報を紹介!

スポンサードリンク